40代男性のマッサージ体験記

40代男性です。デスクワークの仕事をしているのでいわゆるPC病で以前から肩、腰、背中がよく凝り週に1度ほどマッサージを受けています。口コミで評判を聞きつけ、院長先生はご病気で引退され今は鍼灸資格を持った奥様1人で開業されているとこへ行ってるんですが、とにかくマッサージは効きます。全身をほぐしてくてる感覚でよくうとうとしてしまうくらい気持ちいいです。連日お忙しいようで、私が来院すると必ず先客の方がいらっしゃいましたし、鍼灸院の車で通る時もよく患者さんの車があるのを見かけます。時間がない時は市販の湿布や貼る鎮痛剤なども試してみましたが全く持って比になりません。時間で70~80分くらいの施術で、料金は3000円ですがツボ刺激は気持ちいいですし、最近ではお灸も同時にやってもらってます。これがまた効きます。患部のツボになれた手さばきでもぐさを連続で置いては火をつけ、指でもみけしを繰り返しやります。先生も言われてましたが、凝っているところは熱さを感じないそうです。痛みがあるとどうしても作業にも集中できませんし、気分もめいりがちですが鍼灸院でマッサージしてもらった後はいつも車に乗り込むときに痛みは和らいで自然と笑顔になれます。

ストレートネックに悩み整骨院でマッサージを受けました。

妊娠・出産から体のバランスが変わってしまったのかストレートネックと診断され痛みが強くて辛い日々が続いていたこともあり整骨院で定期的にマッサージを受けた経験があります。整骨院ではマッサージを受けて整形外科では首の牽引やウォーターベッドでの機械マッサージなどを受けていました。
整骨院のマッサージは30分ひたすら揉み解してもらえるので体がかなり軽くなり生活がしやすくなったものです。首が痛いからといって首周辺だけをマッサージされると気持ちが悪くなってしまって逆に違う辛さを感じてしまったりするので、整骨院の先生にお任せをして全身を平等に揉み解してもらうマッサージを取り入れて治療をしてもらっていました。結果的には半年くらい通っているうちに血行もよくなってきたのか揉み解されてきたのか痛みから解放されてきたのでマッサージは効果大だな~と実感したのを鮮明に今でも覚えています。
日帰り温泉施設などに立ち寄った時にでも疲れがたまる前にと思いつらくなる前にゆっくりと時間が許せばマッサージを受けてみたりもして日々を過ごすようにもなりました。加齢とともに体にはいろいろなストレスや不安がたまってくるのでやはり定期的なマッサージは健康を維持する上でとっても大切なことだと思うのです。

腰痛悪化、理学療法師のマッサージを受ける

元々ヘルニア持ちのため、何かの拍子に腰を悪くすることが多々ある。今回はバレエで腰に頼りすぎてしまったためにぎっくり腰の一歩手前まで悪化してしまい、立ち上がるのもやっと、というところまで行ってしまった。そのため、きちんと整形外科医にヘルニアとあわせてみてもらい、その上でマッサージを受けることが必要だろうと判断し、行き着けのスポーツ整形外科クリニックを受診。やはりヘルニアが根本にあるため、ということと、腹筋が弱いために腰の筋肉を使いすぎていることによるもの、ということで二階の理学療法師によるリハビリにすぐに通してもらえた。理学療法師のマッサージは筋肉の走行、ある動くをした時の筋肉の使い方、を毎回チェックしてくれるので、ただのマッサージとは異なる。
今回のように確実に医師の診断と適切な処置が必要な場合には、きちんと国家資格のある理学療法師などに症状にあわせたマッサージをしてもらうことが不可欠だということを、以前行った整体医院での経験から感じている。以前整体に行ってバキバキとならされ更に悪化したことがあったが、やはり国家資格がないということは誰でも開けてしまうという問題があるのだ、ということを痛感した。理学療法師によるマッサージは「その時気持ちよくしてくれる」ものではないが、体の使い方の問題点、今後気をつけるべきこと、を指導してくれながら優しくほぐしていくため、それでさらに悪化した、ということはまずない。根拠に基づいた処置、マッサージであるので安心もできる。
今回はまず、骨盤を抑えることで痛みがやや軽減したため、骨盤ベルトの巻き方の指導を受け、痛みが改善してからの腹筋の鍛え方も教えてもらえた。
しばらく受診が必要そうだが、自身の体、使い方の問題点を知るためにもきちんと通おうと思う。

なんだかよくわからない体の不調には整体マッサージ!

初めて、マッサージを受けたのは30歳ごろだったと思います。当時、膝の調子が悪くなり、整形外科を受診していました。担当の先生からは、「変形性膝関節症だね。膝の関節が劣化しているから、治らないよ。悪化を防ぐには、立たない、歩かない、走らない。」と言われ、「そんなこと無理に決まってる。つらい膝の痛みも一生治らないんだわ…」と少々悲観的になっていました。そんな折、職場の後輩から、「なんだかよくわからない体の不調や、外科的に治療が難しい症状には整体マッサージが効くっすよ!」という話を聞き、それまで私の頭にはまったく思い浮かばなかった整体マッサージを受けてみることにしたのです。
初めての整体ということで、その効果も半信半疑でしたが、「もしこれで少しでも膝の調子が良くなったら儲けもの」と思って、地元のフリーペーパーで紹介されていた店を訪れました。「整体は1分100円くらいが相場です」と先の後輩から聞いていましたが、そこは45分で4000円くらいだったと思います。マッサージ師の方が、複数いらっしゃるお店でした。人生初のマッサージは女性の方が担当でした。男性の方に体を触られるのは少し抵抗があったもので、ほっとしたこと覚えています。また、整体マッサージと言うと、関節をゴキゴキされちゃうイメージがあったので、あらかじめ担当の方に「整体マッサージを受けるのは初めてで、ゴキゴキ、ゴリゴリ激しいのはちょっとこわいです。」とこちらの要望を伝えておきました。マッサージ師さんの話によると、痛めている方の足をかばって、変な歩き方をしているうちに、私の体は歪んでしまい、全身がバリバリに凝っていたとのことでした。施術中、私の恐れていたゴキゴキ、ゴリゴリはなしで、体のバランスが整うようにやさしくほぐしたり、伸ばしたり、とにかく気持ち良かったことを覚えています。
実際にマッサージを終えて、一番びっくりしたのは、全身がポッカポッカに温まり、体が軽くなったことです。体中の血のめぐりがものすごく良くなったような気がしました。あと、勧めてくれた後輩も言っていたのですが、施術後おしっこがたくさん出ました(笑)。
一度目のマッサージで、膝の痛みは劇的に改善したわけではないのですが、気持ちも良かったし、しばらく通ってみることにしました。当時、膝のために減量をしたので、体重が減って膝への負担が軽くなったこともあるかもしれませんが、膝の痛みも数か月後には治まり、膝を気にすることなく、歩けるようになりました。整形外科ではあきらめるしかなかったのに、いつの間にか痛みも解消され、気持ちも前向きになりました。後輩の言っていた「なんだかよくわからない体の不調には整体マッサージ」、なるほど?という感じです。